ドキッとする尿漏れは女性がかかりやすい病気です

複数のドクター

神経の過剰反応

先生と看護師

最近頻繁にトイレに行きたくなる人はもしかして頻尿かもしれません。中には深刻な病気である可能性もあるので、埼玉の泌尿器科に行って、適切な治療を受けるようにしましょう。

Read More...

筋肉をゆるめる薬

ナース

尿が出にくいと感じたら、尿道の筋肉によって通り道が狭くなっている可能性があります。男性に多い前立腺肥大症という病気によって尿道が圧迫されることがあるので、前立腺肥大症に効果がある薬を新宿の泌尿器科で処方してもらうようにしましょう。

Read More...

無症状が多い

女性医師

ほとんど無自覚で発症する膀胱ガンは、埼玉の泌尿器科で詳しい検査を行なうことで病気の進行度がわかります。尿検査と膀胱内を確認するカメラを使い、ガンの精密検査を行っていきます。

Read More...

治療法は必ずある

顔を覆う女性

尿漏れは女性に起こりやすい症状の1つで、きっかけはたくさんあります。尿漏れの原因とされている骨盤底筋の緩みは出産がきっかけで起こることが多いのです。そのため出産を経験した女性の患者がほとんどです。しかし、妊娠中に起こる尿漏れは一時的なので特に治療の必要はありませんが、出産後にも頻繁に尿漏れが起こるようであれば、専門の病院での検査が必要になります。その他にも、肥満や便秘など女性が悩んでいる体の悩みを持つ人がかかりやすい病気です。
トイレに間に合わず尿漏れを起こしてしまうケースは骨盤底筋の緩みが原因でない可能性も考えられます。この尿漏れは排尿をコントロールしている脳との連携が上手くできないことにより起こります。お年寄りの患者に多い原因で、年齢により膀胱や尿道を支える筋肉が弱まることも症状を悪化させています。通常、人間の尿は膀胱に200~400ミリリットル溜まった時点で、尿意を感じるようにコントロールされていますが、このコントロール機能に障害が出ていることがあります。これを切迫性尿失禁と呼びます。
こうした尿漏れを治すためには、泌尿器科で検査を行なう必要があります。まずは問診でいつからこの症状が出ているか、出産歴はあるかといった項目を確認していきます。尿漏れの治療方法は、原因によって方法が異なります。出産を機に尿漏れが起こっているときは、骨盤底筋を鍛えることによって症状が改善していくでしょう。また、尿道そのものの筋肉に作用する薬を処方する方法もあります。どういった治療方法がベストなのか医師に相談しながら治療をしていくようにしましょう。

Copyright© 2016 ドキッとする尿漏れは女性がかかりやすい病気です All Rights Reserved.