ドキッとする尿漏れは女性がかかりやすい病気です

女性看護師

神経の過剰反応

先生と看護師

気温が寒かったり、歳を取ったりすると頻繁にトイレに行きたくなることがあります。こうした現象の大半は特に問題がないことも多いのですが、深刻な病気が潜んでいる可能性もあります。すぐにトイレに行きたくなる尿の回数が多くなることを頻尿と呼びます。この原因は主に作られる尿の量が多い場合と、そもそも膀胱に溜められる尿の量が少ない場合があります。膀胱のサイズは人によって違いますが、尿が溜められる量が少なく原因の1つとして神経の働きが関係しています。人が尿意を感じるためには感覚神経の働きが必要です。この感覚神経が本来排出すべき尿の量に達していないのにも関わらず、過剰に反応してしまうことによって頻尿が起こります。また、いざトイレに行って尿を出すときにも脳から運動神経に指令が送られており、この働きが過剰になることも考えられます。年齢や様々な要因によって膀胱自体の機能が低下していることがあります。それによって尿を出したり止めたりする役目を果たす膀胱括約筋が緩んでしまい、正常な働きができなくなってしまうのです。
この原因による頻尿であれば、感覚神経や運動神経の過剰な働きを抑える薬を使って治療することができます。人によって原因がわかれる頻尿を治療するためには、埼玉の泌尿器科に行き専門の医師に相談するとよいでしょう。特に腎臓の働きによって頻尿になっている場合、影に大きな病気が隠れていることもあり自己判断をせずに埼玉の泌尿器科に行くことをおすすめします。また糖尿病に影響で頻尿になる場合もあるので、埼玉の泌尿器科を受診するときには糖尿病の治療を受けているかどうかも申告します。埼玉の泌尿器科では、頻尿の治療のために漢方薬を取り入れているところもあります。

Copyright© 2016 ドキッとする尿漏れは女性がかかりやすい病気です All Rights Reserved.