ドキッとする尿漏れは女性がかかりやすい病気です

女性看護師

無症状が多い

女性医師

全身にできる可能性があるガンですが、膀胱にできるものも存在しています。膀胱ガンは他の部分にできるガンと同様に進行度や悪性度があり、症状によってステージやグレードが変わります。この進行度を確認するには、まず埼玉の泌尿器科で検査をする必要があります。検査の方法としては、患部のガン組織を切除して病理検査を行ないます。膀胱ガンは、悪性かどうかを表す異型度(グレード)とどのくらいガンが進行しているかを表す深達度(ステージ)というもので表現します。
膀胱ガンの症状はあまり自分ではっきりとわかるものがなく、いつの間にか発症している可能性が高い病気です。痛みや尿のトラブルも特にないまま進行するので、突然血尿が出て驚いて埼玉の泌尿器科に訪れる人も少なくありません。また、下腹部の痛みや頻尿によって、膀胱炎や他の病気になっているときも膀胱ガンに注意する必要があります。
埼玉の泌尿器科で行なっている膀胱ガンの検査は、検尿から始まります。ますは、採取した尿の中に血が混じっていないかどうかの検査を行ないます。そこで、赤血球や白血球の数や異常な細胞がないかも併せて確認していきます。また、検尿の検査結果によっては、膀胱の細胞を確認するためにカメラを挿入し直接膀胱内を確認していきます。この検査は膀胱ガンの発見に不可欠な検査となるので、心配な人は埼玉の泌尿器科で受けられるか確認してみるとよいでしょう。直接膀胱内に腫瘍があるかどうか確認できたら、全身をくまなく検査します。この全身の精密検査は他の部位にガンが転移していないか確認する重要なものです。

Copyright© 2016 ドキッとする尿漏れは女性がかかりやすい病気です All Rights Reserved.