ドキッとする尿漏れは女性がかかりやすい病気です

女性看護師

筋肉をゆるめる薬

ナース

トイレに行った後にいまいちすっきりしないときや残尿感がある、尿が出にくいときは新宿の泌尿器科を訪ねましょう。新宿の泌尿器科で出される薬の中で代表的なものは「アルファ1遮断薬」です。この薬が最初に使われたのは血圧を下げるためで、改良を重ねた結果、膀胱の筋肉に作用するように作られました。そのため、場合によっては血圧が下がることによる立ちくらみや、急激な血圧低下がみられるときがあります。万一おかしいと感じたら、新宿の泌尿器科に相談し、服用を見合わせたほうがよいでしょう。また、元々血圧の低い人や高血圧で血圧を下げる薬を服用している人は注意が必要な薬です。他の薬を出してもらえる可能性があるので、現在飲んでいる薬や持病を報告するようにしましょう。PDE5阻止薬という最新の治療薬には、保険が利くものもあるので服用できるか新宿の泌尿器科に確認します。
アルファ1遮断薬は利尿剤とは違う働きを持った薬です。利尿剤は体の中にある水分を血液中から集めて尿を増やします。腎臓そのものに働きかけるため、尿の量を増やすには有効ですが出る勢いは関係ありません。ですので、尿の勢いが弱くなった人が利尿剤を服用するのは間違いです。
尿道の筋肉に作用するアルファ1遮断薬は、緊張状態の筋肉をゆるめ、通り道を広げてあげることで症状を緩和します。特に前立腺肥大症によって尿道が圧迫され、尿の勢いが弱まっている人に効果的です。しかし、この薬は服用しているときだけ作用するもので、継続して飲まなければなりません。自己判断で服用をやめると再び同じ症状に襲われるので、服用に関しては必ず医師の指示を仰ぐようにしましょう。

Copyright© 2016 ドキッとする尿漏れは女性がかかりやすい病気です All Rights Reserved.